ディナーレスダイエットで痩せる!

ディナーレスダイエットは単なる夕食抜きダイエットではありません!様々な工夫で食欲に勝つ!

管理人ともぷーは最終目標を達成しました!

ディナーレスダイエットとは?

      2014/09/06

私の経験から生まれたダイエット法です!

ディナーレスダイエットは、本ウェブサイト管理人の経験から生まれたダイエット方法です。

夕食を抜いて我慢するだけの厳しいダイエット方法ではありません。

かなり意志が弱く、様々なダイエット法に失敗してきた、そんなにお金持ちじゃない私でも挑戦できるダイエット方法なのです。

もちろん私は現在も挑戦中!

その状況は本サイトで適宜報告しています。

さあ、一緒に痩せましょう!

ディナーレスダイエットの基本ルール

ディナーレスダイエットの基本ルールは以下の3つです。

  1. 朝食と昼食は必ず食べる。
  2. 夕食を抜いて節約した資金を有効活用して食欲に打ち勝つ。
  3. 食欲に影響を与えにくい運動をする。

このルールに従うことで、ダイエットの成功確率が上がるのです!

本当にこんな事できるんだろうか...

そう不安に感じた方は、次の概要を読んで下さい。

ルール1について

朝食と昼食には改良を加えますが、基本的にはいつも通りの食事をします。

昼間はお腹が空くことはありませんので、仕事や勉強や家事に悪影響を与えることもありません

朝食と昼食の2回の食事で、1日の生活に必要となる栄養素は可能な限り摂取します。

そして、肥満の原因であるカロリーは低く抑えるのです。

ルール2について

ダイエットはお金持ちが有利です。

金さえかければ、高価なダイエット食品を購入したり、高級エステサロンに通ったり、専属アドバイザーを雇ったりできます。

お金持ちは痩せて引き締まった体を手に入れるのも容易なのです。

しかし、ディナーレスダイエットなら資金がなくても大丈夫!

夕食を抜くことで節約した資金を最大限に活用し、様々な工夫をすることで、食欲に打ち勝ちます。

ルール3について

食事制限だけでもダイエットに効果があるのですが、運動を併用するとより効果が高まります。

また、一般的にダイエットを行うと、何かとストレスがたまりがち。

ディナーレスダイエットでは食欲というストレスと戦いますので、それ以外の更なるストレスは絶対に避けるべきです。

私の経験上、軽い運動はストレス解消には最適です

ただし、激しい運動は食欲を刺激してしまうので逆効果

ムキムキの筋肉を手に入れる事も良いと思いますが、まずは痩せることが大切です。

ただ、運動する時間なんてないという方も多いと思います。

確かに激しい運動をするのなら、時間も場所も必要でしょう。

でも軽い運動なら工夫次第で誰でもどこでもいつでも実践できるんです。

いかがでしたか?

ルールの概要を読んで頂けたのであれば、ディなレースダイエットについて、ある程度はご理解頂けたと思います。

この文章を読んでいるという事は、たぶん皆さんは私と同じぽっちゃりさんですよね?

私と一緒に挑戦してみませんか?

夕食を抜いて我慢するだけの厳しいダイエットはやめましょう!

基本編の目次に戻る

レッツ、ディナーレス!!

 - ブログ

↓ブログランキングに参加しています↓


ダイエット日記 ブログランキングへ
にほんブログ村 ダイエットブログ 食事制限ダイエットへ
にほんブログ村

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です